about us

○ミッション

私たちハッピーブックプロジェクトは、紛争や災害などにより平等な教育機会に恵まれない子どもたちが、明るい未来を築いていくための基礎環境を実現するために、「本」を活用した文化・教養教育の活動を、迅速・的確・柔軟に実行または支援していきます。
また、私たち同様に「本の力」を信じて、活動をしている団体や個人などの情報を、配信し共有することで、本の価値を今一度見直すきっかけ作りにも注力していきます。

○ゴール

地球上の子供たちが平等な教育機会に恵まれ、知恵と勇気と希望を持った大人になれる世界の実現を目指します。

【定款】

○目的

ハッピーブックプロジェクト(以下、HBP)は,国内外問わず,平等な教育機会に恵まれない青少年に対して,古書の収集販売に関する事業及び,セミナー・講習・教育事業を行い,全ての子供たちに均等な教育機会を与える助けと,教養教育の向上を目指し,もって青少年等が明るい未来を築ける基礎環境を実現するに寄与することを目的とする。

○活動

HBPとは、「本で地球を救う」をコンセプトに、自宅や仕事場にあって、読まなくなった本を寄付して頂き、文化教育活動などに還元することを目的に、活動している団体です。
事業内容は大きく3つあります。

1つは、「古本の収集」です。
当団体の支援活動は、本が集まらないことには、活動ができません。少しずつですが、HBPの活動に共感・興味を頂いて協力してくださる個人や企業が増えております。今後とも、こちらの活動は一層力を入れていきます。

2つめに、「文化教育活動」です。
こちらの活動では、頂いた本を使って、図書館を作ったり、児童館や孤児院に絵本を送ったりします。将来的には、「読み聞かせ」や「絵本作り」などのイベントも予定してます。

3つめは、「寄付・還元活動」です。
頂戴した本を、そのまま使う支援活動には、正直限界があります。そこで、寄付頂いた本の中で商品価値があるような本は、バザーや古本屋さんなどに委託して販売し、現金化してから支援活動に還元していきます。

【遍歴】

2008年7月  ハッピーブックプロジェクト(古本の募集、海外への書籍寄贈活動)
2009年3月 (社)sputnik-internationalに協力して、スリランカ・ガーナへの図書支援開始。
2010年1月  任意団体OCPと協力して、キャリア教育事業開始。
2011年5月  東日本大震災被災地辞書寄贈活動開始。
2012年5月  東京都へNPO法人の申請。
2012年10月  東京都より特定非営利活動法人の認可取得。
2013年3月  理事総会において、
「ハッピーライブラリープロジェクト」
「ハッピーキャリアプロジェクト」
「ハッピーベンダープロジェクト」
の3事業を軸に、活動していくことが改めて決定、運営強化を開始。
2014年4月 活動休止。
2015年9月 活動再開とともにサイトリニューアル。